過日の備忘 2018  [上]に戻る
 2018 /  2017 /  2016 /  2015 /  2014 /  2013 /  2012 /  2011 /  2010 /  2009 /  2008 /  2007 /  2006 /  2005 /  2004 /  2003 /  2002 
 日記的なものとか、書籍やビデオやゲーム等のちょっとした感想みたいなものとか。

2018.02.16 記

 ドラマ『荒神(こうじん)』BSプレミアム を視聴して。

 参考: http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=10292

 騒動の決着が着く寺と和尚は、決着部分で初めて出すのではなく、最初から登場させるべきだった、が最初の感想。
 そして、寺の中の状況を、外の者たちが全く感知していない、という状況設定には、呆れてしまった。

 砦のエピソード、封印側のエピソード、あたりなど、もっと展開を切り落として、主要な舞台は村と寺だけで必要十分な感じに整頓できるのではないか、と思えた。

 村の家々が壊され、村人が次々と殺されてゆく場面では、周囲が開けた村に見えるのに、村人が足の早くない怪物から逃げきれない、という顛末に、強い違和感を覚えた。

 絵師の人物像は、もっと狂的な感じが欲しかった。
 旅の侍の恋心は、吊り橋効果にしか思えない(苦笑)。

 最後のカットは、続編を作る気がなければ、作品としての完成度を崩す・余計なオマケでしかないのではないか、と思える。
 そして、アレを入れるなら、絵師が襖絵の裏(内部)に「呪文の絵」を封じていた、的な「対抗策」とかも振っておいて欲しかった、と思う。

2018.02.16 記

 アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』BS11 の第5話を反芻して。

 公式サイト: http://darli-fra.jp/

 666(ゾロメ)たちコドモが夢想するオトナは、第13や第26などのプランテーションには居住していない、のではないか。
 プランテーションは移動要塞都市と呼ばれているが、実体はフランクス母艦、ではないか。
 プランテーションには、コドモたち以外では、フランクス運用要員だけが居住している、のではないか。
 プランテーション内部の「都市」は、コドモたちに、「オトナたちを守る」という「戦うための大義名分」を与えるための装置(書き割り)、ではないか。

 …などと想像している。

2018.02.08 記

 2018.2.7、SpaceX社は、Falcon Heavy を打ち上げた。
 参考: http://www.spacex.com/
 参考: https://twitter.com/ChasxKxnnxdy/status/961028883440132101
 参考: https://twitter.com/Nextlaunch/status/960988432473436161

 Falcon Heavy に搭載されていた電気自動車テスラ・ロードスターは、火星の公転軌道を越え小惑星ケレスの公転軌道に近付く軌道に投入された。
 参考: http://sorae.info/030201/2018_02_07_fh2nd.html
 参考: https://twitter.com/mugitaro_jp/status/960984216698671104

 ロードスターのダッシュボードのモニターの「DON’T PANIC」に、空想したのは……。

 実は、宇宙服の中には宇宙人が入っていて。
 実は、あのロードスターの中身は宇宙人の超技術な宇宙船で。もしくは、ロードスターの中に銀河的な宇宙船が収納されていて。もしくは、宇宙服の中に、宇宙人を収容している宇宙船が入っていて。
 今後、あの宇宙人は銀河的な宇宙船を駆り、適当な軌道から銀河ハイウェイに入って故郷に向かう(のかもしれない)。
…というもの。

 さらに。
 2017年に観測された、太陽系外から飛来した小天体オウムアムアと絡めて。
 参考: http://sorae.info/030201/2017_11_16_aumuamua.html

 上記の宇宙人は、当初はオウムアムアにヒッチするつもりが、何かのトラブル(具体的な内容は思い付かず)でアプローチできなくなって、SpaceX社のFalcon Heavy への搭載を(色々と行動した末に?)勝ち取った。

…という展開を思い付き。

 これについて、某chatで「ロードスター宇宙船は燃料切れで自力では動けなかった」という発想をいただき。

 オウムアムアは、宇宙船用燃料を軌道上に配達(放出)するために、宇宙人の注文に答えて到来した、銀河的な配送業者の物だった。
 宇宙人が注文した銀河的な宇宙船用の燃料は、オウムアムアが適当な軌道上に投入した。
 宇宙人は、軌道投入された宇宙船で燃料を受け取り補給して、そのまま宇宙船で銀河ハイウェイに乗る予定。

…という方向に進化しました(笑)。